梅雨必携! 「自転車用レインカバー」で雨の日の登園も安心

 

子どもを乗せる電動自転車を買ってから、保育園までの道のりはとても快適です。

 

がしかし、雨の日は…??

 

歩いて行くには遠くて荷物も多い。

傘をさして、子どもにはレインコートを着せて歩かせる?

抱っこして歩く?

保育園はバス通りから外れているし……。

 

我が家から保育園までの距離は徒歩20分弱。

大雨でなければ雨の日でも自転車で保育園の送り迎えをしたいのです。

 

そこで購入したのがレイコム(reicom)の子供乗せ自転車チャイルドシートレインカバー

後ろかご用カバーも買っちゃいました!

 

こちらのレインカバー、保育園でも色違いをよく見かけて気になっていたのですが、私はTwitterで実際に使っているママさんから教えてもらい、悩んだ結果購入しました。

 

カラーバリエーションも豊富でキレイな色が揃っています。我が家は赤をチョイス。

開発者は3人の子どもを持つワーキングマザーだそうです。

 

お値段がちょっと高めなので悩みましたが、買って良かった!

今や無くてはならないアイテム。

 

雨の日でも息子はレインコートも不要、全く濡れません!

忙しい朝に、レインコート着せてアタフタ…ということも解消です。

※チャイルドシートの背もたれ部分を高さ調節できる自転車のみ対応です。

息子、入ってます

 

つけっぱなしでも大丈夫。

冬は防寒としても活躍しました。

 

取り外しは両脇のマジックテープで止めるだけでラクラク!

子どもの出入りもジッパーひとつで簡単です。

息子、出てきました

 

カバーをつけっぱなしにしたくない時は、後ろカゴに紐で取り付けています。

 

上が後ろカゴのカバー。下に隠れているのが前のチャイルドシート用です

 

急な雨でも息子はこのカバーで守られ、雨に濡れて風邪を引いてしまった~!…という事態は避けられるかな?

 

子どもの雨の日対策はこれでバッチリ。

息子はレインカバーに入るととても嬉しそうにしています!

 

本記事は、
【ママたちが作る、ママのための
子育てウェブマガジン
『Cheers! mama[チアーズママ・チチアママ]』】

に掲載の記事を再編集してご紹介しております。

* 関連記事一覧 *